改訂版長谷川式簡易知能評価スケール・平林内科・小児科医院

平林内科・小児科医院トップページ > 元気の輪 > 改訂版長谷川式簡易知能評価スケール

 

改訂版長谷川式簡易知能評価スケール

認知症の評価は、概ね医師や家族の主観で判断されています。
より客観的な評価を誰でもカンタンにできル方法が改訂版長谷川式簡易知能評価スケールです。質問に対する答えに点数をつけていき合計点数で評価します。

30点満点で、21点以上は非認知症、
20 点以下を認知症の疑いとします。
軽度の認知症………平均19.1点、
中等度認知症………平均15.4点、
高度の認知症………平均10.7点、
非常に高度…………4.0点
となっています。

 

 

印刷して使えるPDF版はこちらをクリック

合わせて、こちらのコンテンツもご覧ください。

糖尿病を予防しよう禁煙のススメ減塩のススメ禁煙治療