禁煙治療・平林内科・小児科医院

 

下記の要件を満たす患者さんは
禁煙治療を保険診療で受けられます。

ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト ・・・ 5点以上 はい
(1点)
1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重の増加)
5.上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっていても、吸うことがありましたか。
7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8.タバコのために自分に精神問題注1)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

注1)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

ブリンクマン指数………200以上

(喫煙本数/日) × (喫煙年数)

チャンピックスについて

チャンピックスは、禁煙のための飲み薬です。 たばこを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分に ニコチンが結合して、 快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。チャンピックスは、この受容体に結合することで、ニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くします。また、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中に服してしまったときの "おいしい"といった満足感を感じにくくすることにより、禁煙を助ける薬です。

標準的な禁煙治療プログラムでは、12週間にわたり計5回となります。

詳しくは当院窓口まで
お気軽にお問い合わせくださいませ。
TEL082-293-2700