医院紹介・平林内科・小児科医院

今は生活習慣病と呼ばれることがほとんどですが、以前は成人病と呼ばれたように20代から30代の間で多い疾患です。

いわゆる「食生活の欧米化」や、運動不足、タバコの煙が強く関連している病気とも言われます。食生活で見ると、炭水化物の摂取量が減少し、それに代わって動物性食品や脂っこく甘い菓子や甘い飲料の消費量の増加などが原因とされています。

また塩分の摂りすぎ、野菜ぎらいなども原因とされています。このような食生活の改善や適度な運動、禁煙のすすめなど、日常で無理なくできる予防対策や生活習慣の改善などをわかりやすくご紹介して、元気で楽しい日々をおくれるヒントになればと思います。